そうは問屋がおろさないしつけ

幼児たちにとっては自発的に遊ぶことのできる時間であり

わからない問題を解いている時はイラでもつまずいたまま放っておくわけにはいかないと、がんばっているんです。その面倒くさい勉強を、イライラを抑えながら必死にそれなのにお父さんやお母さんがイライラしながら教えれば、る気は一気に失せてしまいます。そのイライラが子どもに伝わり大爆発!「わかってるんだけど、ついイライラして怒ってしまうんです」いことをイライラしながら教えられたらどう思いますか^というお父さん、自分がわからなもっともっと、余裕をもって教えてあげてください。勉強ができなくても死にはしません。お母さんがイライラしながら接していたら、子どもの心は健康には育ちません。

でもお父さんや子どもが初めて立てた時、歩けた時、うんとほめてあげましたよね?うまく立てなかった時、しましたか?怒りましたか?「惜しかったね、もう少し!」と励ましてあげましたよね。わからない勉強をがんばっている子どもは、あたたかく見守ってあげてください。もう少しと励ましてあげてください。難しすぎるなら、少しサポートをしてそのハードルを下げてあげてください。そして、できるようになったら、うんとほめてあげてください。

幼児を気にかけてもらえるよう積極的に地域の人と交流を


子どもの運動能力が低下しているのはこのような遊びの機会ところで

男性の権力欲による横暴論は否定されると思います。暴力を振るうのは男性だけではないことからも、は次の症例でおわかりいただけると思います。症例は五十歳の女性ですこの女性は六十歳の姉と同居しているのですが、夜になると毎晩、理由もないのに、激しい暴力を姉に対して振るうのです。そして、次の朝にはそのことを覚えていません。ある夜、姉に暴力を振るい過ぎて、自分が倒れて骨盤の骨折を起こして動けなくなりました。

教育についていえるのです

その時のことでさえ本人はまったく覚えていないのです救急車で運ばれて、気がついたら病院にいたのです。私はどうしてこんな怪我をしたのですか」と不思議そうな顔でたずねました。前夜のことは何も覚えていないのです。深い潜在意識の中に眠っている母親への怒りのこころが、夜になると不安と共に出てきて、姉とイメージが重なって、姉に暴力を振るうのだと思われます。無意識の暴力行為ですから、とても始末が悪く、六十歳の姉は困り果てておられました。


南太平洋の小さな島に生まれた子どもでも

育て方をしています

いくら通信機器が発達した現代でも、子供が夢中になるものっていうのは変わることがありません。私たちが子供の時に夢中になったのと同じように、あなたの子も夢中になるはずです。しばらく糸でんわで遊んだ後は、それを使って音が聞こえる仕組みを教えてあげましょう。次にあげるのは、音が聞こえる仕組みを説明する時の例です。参考にしてみてください。糸でんわで話す時、コップが少し震えているのがわカるかな?その震えが糸を伝わってお父さんのコップまで届くんだ。

児童とのコミュニケーションを大切にすることのメリットはこれだけではありません


育てがきちんとなされておらず

それが耳まで届くから、お父さんと話すことができるんだね。今度は糸をふにゃふにゃにしてみよそうすると、音が聞こえなくなったね。糸がピンとしていないと、震えが伝わらないから音が聞こえないんだね。音の正体っていうのは、震えだということがわかったかな?今度はのどに手を当てて声を出してみて。口の前にこうやってピンとした紙を張ると、って震えるでしょ?声っていうのは、もともとは震えで、それが空気を通して伝わって相手に伝わるんだよ。

  • 育児がいけない
  • 教育における効果的な体験のさせ方について考える際にも
  • 教育と解釈して