児童と実験したことは

子どもは叱られるのがいやだから

幼児らしく健全に発育しているわんぱく坊主ややんちゃ坊主人の期待に適応している不自然な子がいい子とされるのが
何も難しいことなど無いんです。誰でも出来る事なんです。ところが、そんな簡単な事を(簡単すぎて)みんなスルーしてしまうんです。もっとすごい秘訣があるのでは?って思っちゃぅんですね。すごい秘訣なんてないんですよ(^^)お母さんはあなたの事が大好きよ。お母さんはあなたの良さをこんなに知ってるそれを徹底して徹底して姿勢を変えずにいれば、子どもはすくすくと育ち、笑顔にあふれ、自分からチャレンジし、たちまち子育てが楽しくなります。

その苦しい時期をくくり抜けて、また勝てるようになると、焼きが入ったのである。この強さは水をくぐってきた鋼のようでもうちょっとくらいではびくともしない。本当に強い人は、かならず焼きが入っているのだという。順風に帆をあげて出世してきた役人などには、人間としての魅力に乏しいことがよくある。そういう人が思いもかけない挫折に遭い、浪々の生活を送るといった不遇をかこったあと、また、カムバックすると、こんどは見違えるほど人間の幅が大きくなっている。これも焼きが入ったのだ。

子どもにまかせる養育態度を確立するよう

学生が、病気で休学したとか、入試に失敗して1年遊んだとかいうのも、人生の歩みからすると立ちどまりに当たるだろう。弱かった人が伝染病をしてなおったら、本人もびっくりするような頑健な体になったという例も多い。生れてから医者にかかったことがないと自慢していた人が、かりそめの病気でポックリ逝ってしまうかと思うと、幼いとき、いつまで生きるかと言われた人が、案外、天寿をまっとうする。ときどき病気をして、立ちどまるのがいいらしい。秀才ほどスランプをおそれる。鈍才にとっては日々これ不如意だから、少しくらいの頓挫はいっこうに平気である。

幼児が静かになるはずありません


子どもにとっては大事なのですが小さな自分を応援してくれて沢山の愛情をかけてくれたのもお母さん。誰でもお母さんがお母さんに好かれたい!と思っているんですね。ですから、子どもたちがお母さんに「好かれている」と感じる事。お母さんに「あなたは劣ってなんかいないよ。こんないいところがあるんだよ」と教えてもらう事が大きな喜びになるんです。たったこれだけの事なんです。

前の担任によって問題児と評価されていた子どもが

何も難しいことなど無いんです。誰でも出来る事なんです。ところが、そんな簡単な事を(簡単すぎて)みんなスルーしてしまうんです。もっとすごい秘訣があるのでは?って思っちゃぅんですね。すごい秘訣なんてないんですよ(^^)お母さんはあなたの事が大好きよ。お母さんはあなたの良さをこんなに知ってるそれを徹底して徹底して姿勢を変えずにいれば、子どもはすくすくと育ち、笑顔にあふれ、自分からチャレンジし、たちまち子育てが楽しくなります。

教育まで学校にお


児童の時に夢中になったのと同じように
たとえば部屋の隅に段ボール箱を置いたり、階段の踊り場にロープを張って布をかけ、テントのようなものを作ったりして、子どもの隠れ家的なパーソナルスペースを作ります。「落ち着くまで入ってもいイライラしたときは、いよ」と声をかけましょう。強制ではなく子どもの自主性にまかせていると、たいていそこに入ります。その中で子どもなりに考えて、気持ちが落ち着いたら出てくるでしょう。そしてそのときに「どうして怒ったの?」だやかに声をかけ、子どもの言い分を聞いてあげてください。

伸びることもあります

こうしたことをくり返していると、子どもはイライラなどの不快な感情をもったときでも、うまく心をコントロールしていく力をつけてきますよ。最近、言葉づかいが悪くなってきました息子の言葉づかいが、最近乱暴になってきたので気になっています。家でも、何か対策があれば知りたいです!家族に対して「うるせーなあ」と言ったり、ゲームをしながら「ばかやろう」などときたない言葉をひんぱんにつかい、注意をしてもなおりません。(8才·男の子)言葉が悪くなるには、3つの原因が。よく見きわめて対応しましょう子どもの言葉づかいが急に悪くなる理由は、3つ考えられます。