幼児が自分の思い通りになる事ばかりではないと知る為です自分の思い通りになる事ばかりではないそれは私達からすると

幼児の才能です

薬物·アルコールに溺れるこころのメカニズム麻薬や、シンナー遊びや、アルコール依存症とは、自分の「存在感」が稀薄なことによって起こる極度の不安感·緊張感·孤独感·いらつきなどを、「薬」で一時的にまぎらわそうとすることです。理由のない不安感や強い緊張感·いらだちなどをいだくことは、本人にとっては、それは苦しいことです。周囲の人にはわかりにくいことですが、それは死ぬか生きるかの苦闘にも似た苦しみなのです。財産や家族を捨ててまでも、それらに必死にのめり込むことから、彼らが遊び半分でこれらの悪事をしているのではないことがわかります。単に、薬物に溺れているだけではないのです。

生まれてすぐに母親がよく抱くことで「存在感」を与えておかないと、大人になってからこのような問題が起こってくるのですんちょうかんおぼ麻薬常習の人の中には、かわった注射のしかたをする人がいます。一日分の薬の量をきめて、それを110回ほどに小分けして、少量ずつ静脈注射をするのです。なぜそのようにするのかと言うと、注射器にもどってくる自分の血を見ると不安感がうすらいでほっとするからだそうです。自分の血を見るたびに自分の「存在感」を少しだけ取りもどすので、その時だけこころが楽になるのです。先に述べた自閉症の子どもが血が出るまでに自分の皮膚に傷をつける自損行為と、何らかわりありません。

子どもがやりたいと言えば


子どもの人格のゆがみ大人でも

あっ、もちろん個人差が大きいので、亜種もたくさん発見されています。同じ人間なのだから、いつかはわかってくれる、わかり合えるなどと思っていませんか?けれど、別の生き物として種が違うと思うと、もちろん冗談ではありますが、男の子を育てている中で、きっとこのような大きな隔たりを感じたことはあると思います。あきらめもつきやすいのではないでしょうか!?◆常識は通じないどうしたら、男の子に「本当に響く」叱り方、あるいはほめ方ができるか-それが本書のテーマです。何度叱っても、どうにも手応えがない。ほめてやる気を出させようとしても、なんとなく空回り。

幼児の頭の中でハンカチという言葉ハンカチというものがつながっていないことが考えられます

そもそも普段のやり取りから、どこかかみ合わない......。そう感じているお母さんは多いと思それもそのはず、男子には男子の、男の子は「別の生き物」なのです。お母さんの常識が通じなくて当たり前なのです。響く言い方、接し方というものがあります。心が動くポイントがあるのです。男の子の心に響く関わりのためには、男の子の本当の姿や心を知ることがとても大切です。


しつけすることはほとんどないのです

幼児の仕事を指導することはできます遊びを中心において

そんなにうまくいったら、僕たちプロの保育士の立つ瀬と仕事がなくなってしまいまつまり子育てなんか、決してうまくいくわけがないのです。そういう気持ちを持っておきましょう。子育てはうまくいくもの」「かわいいわが子なんだから、どんなことも平気」これは理想やイメージ先行型の子育てです。かなりハードルが高いですし、お母さん自らが高い目標を設置しすぎています。「子育てはうまくいく!」はうまくいっているときはいいですが、少しうまくいかなかったり、何かにつまずいたりすると、「うまくいかないこと」落ち込みが大きなものになってしまいます。

児童に確認をしてみるとよいでしょう


遊びに打ち込んだ経験を豊かに重ねている幼児は

を想定していないので、そのときのショックや「ダメな私!」「こんなはずじゃなかったのに」「母親失格」などと感じてしまいます。◆気楽にいきましょうそうではなく「子育てはうまくいかない!」という、前提を持ってみましょう。そして目標の設定を少し下げていきましょう。少しぐらいうまくいかなくても、そして失敗しても、もともとの設定が低いのでそのギャップは少なくてすみます。つまり、ショックや落ち込みなどダメージもあまりありません。

  • 大人の作ったものや大人が考え出したものを子どもに押
  • 子どもたちの情報の多くは親から受けていました
  • 伸びる肝心の食事が食べられなくなるので