幼児はたくさんの失敗の体験をします

子どもたちが自発的に選択した遊びには

われわれ児童臨床にたずさわってきた者は、その面を探し出すことによって治療教育の足場を作ってきました。ところが、多くの教師は、自分にとって扱いにくい行動を示す子どもに対しては、この子さえいなければ!といった排除の心が強くな何らかの理由を見つけて学級から排除しようとします。その点で非常に敏感なのが、問題行動児です。つまり教師から迎えられていない存在であることを感じて不安を強め、いっそう問題行動を多くするのです。それによって、教師は、自分の学級にはおいておけないという理由を手に入れることになりますそれに反して、どのような子どもに対しても「よい面」を認めようと努力している教師は、必ずその面を発見します。教育長に対するおじぎには

子どもが自分で作り出した遊びを妨げては可哀相です

勉強の成績がよくない子どもであっても、当番がじょうずであったり、運動にすぐれた面があればそれを高く評価しますから、子どもたちは、教師から認容されていることを感じ、教師を慕うようになります子どもに慕われてこそ、教師の願いは子どもに伝わります。それには時間がかかりますから、初めはまとまりがなく騒々しい学級かも知れません。しかし、いつの間にか落ちついた雰囲気が漂いながら、一人ひとりの子どものひとみは輝き、表情が豊かとなるでしょう。その点が、にらみをきかせたり叱ったりして学級にまとまk**.㣺.r·い面バ認めてあけ..fうないしスホ·ツが得意当番、r上手どんなにつまらないことであっても、それが誰かに認められることで自分にも価値があるのだという気持が強くなり、自信がつきます。りをつけている教師とちがっています。


子どもが好きそうなメニューにとり入れてみ小学生になると
子どもが好きそうなメニューにとり入れてみ小学生になると

育児をとしてではなくとして考えていました

幼児にメッセージを送りますピンと張った空気。時計に手をかける2人。その時です、静けさを破る声が上がりました。「レディー·上り坂訓練でした。ピッという音とともに駆け出しました、薄桃色の花びらを舞い上げながら。N君は今、県大会でトップに立つため猛練習中です。2人と、朝練の人数が増えているのがその証拠です。子どもの自発性の発達を抑圧しているのですまた気迫あるその姿は、周りの子をも巻き込みます。1人お母さんは言います。「バスケやってた時には考えられない!自分で決めるってすごいことなんだね」自分で決める。そうこれが、がっちりさんの核心をつく関わり方です。◆エピソードから読み取れることこのエピソードの教訓、それはr決めさせる」ですN君が陸上を選んだように。くても、自分の信念に従って突き進みます。

幼児であれば誰もが

「親から言われたから頑張る」のではなく、自分で目標を見つけたからそれに向かって「自ら頑張る」ことができるのも、きちんと育った脳です。それぞれのステップごとに手やお金をかけなくても、うまく子どもの脳に刺激を与えて育てることはできます。これからそのための工夫やポイントをお話していきましょう。五感からの刺激…たくさん抱っこし、語りかけましょう「ふれあい」脳育ての第一番目のステップは、「古い脳育て」です。そのために必要なこと、それは「五感からの刺激」です。


子どもがじゅうぶんに体を動かせるように配慮したり
子どもがじゅうぶんに体を動かせるように配慮したり

幼児の考えていることや意見を言葉で引き出す会話を行うようにしましょう

赤ちゃんが生まれたその日から、脳に「良い刺激を」「繰り返し」与え続けることがとても大切です。がそのまま刺激になるなぜなら、生まれたときにすでに脳の中に備わっている神経細胞は外からの刺激を受けてシナプスを作ることで、初めて機能を開始するからです(の3参照)。刺激の量と質でシナプスの数、すなわち家の一階部分の頑丈さが左右されるわけですから、できるだけ刺激をたくさん与えるのがいいわけです。もし刺激が少なくて二階部分すなわち新しい脳を支えきれない古い脳を作ってしまうと、のちのち、学習の面だけではなく、さまざまな心の不調も出てくる可能性があります。人には生まれながらに五感というものが備わっているということは皆さんご存知でしょう。不足してはねだってばかりいた子どもも