教育がいい加減であれば

子どもに言って聞かせているお母さんやお父さんは

育てるときに
それを予定の中に組み込むのですね。いつもなら10外で済む事ならば、そこにイレギュラーの時間をもう10分プラスしてみます。そうすれば、子どもがぐずったりトラブルが起きても「大丈夫。それはもう織り込み済み!」って、余裕でいられませんか?「きっとイヤイヤを言ったり(できないって言ったり)するんだろうな、その時はちょっと手伝ってやろうか」という予想を立てて、ご自分の予定の中に組み込んでおいたりすると、もしそうなっても「残が当たった/なんてちょっと楽しかったりします。トラブルやイレギュラーが起きなかったとしたら「今日は、思いがけない時間ができた、ラッキー」って思えますよね.こんな風に、イライラのメカニズムを逆手に取ったやり方もできるのです冫「認める」「褒めるしが固題を解決す互3つ目にお話しするのは、お子さんへの具体的な対応の仕方です。

この程度ならまだいいのですが、やがて大きなうそをつくような子になってしまうのではないかと、(7才·女の子)小さなうそは、面倒を避けたいから。うそだと思っていないので、しからずに!子どもがうそをつくには理由があります。こうした小さなうそは、子ども自身はうそをついているつもりはなく、単にめんどうくさがっているか、しかられたくないためにとりつくろっているだけなのです。宿題はまだしていないけれど、本当のことを言うとしかられるので「したよ」と言っただけ。手を洗っていないけれど、「まだ」と言うとお母さんが怒って面倒なことになるから「洗ったよ」と言っただけです。

育児をするのか?

親をだまそうとするなど、深刻なうそではありませんから、しからないでください。こうした小さなうそが大きなうそにつながる心配は、まずありません。明らかに宿題をしていないのにと答えたときには、「じゃあ終わったら見せてね」などと言いましょう。手を洗っていないとわかったとき「洗ったならいいけど、手を洗わないとばい菌がいっぱい口の中に入っちゃうからね」その必要性をしっかりと伝えればいいのです。親の言うことを素直に聞けずとても反抗的です3年生になってから、親の言うことにいちいち反抗するように。

幼児はやがて一人で巣立ちますそのとき


しつけているに過ぎませんバカロレアPYPもし、イライラが少なくなったらそんなに嬉しい事はありません。その次にこれをして···のように(その精度に差はありますが)必忏定を組むのです。「私たちは、無意識のうちに予定を立てます。これを何時までに終わらす為には何時までにこれをして、最初から渋滞の予想をしていたら、f想通り渋滞が起きてもあまりイライラしません。」と言いました。これを利用してしまうのです。最初から、子どものぐずる時間や、わがままをいう事。

教育との両立がむずかしいか-と考え出しました

それを予定の中に組み込むのですね。いつもなら10外で済む事ならば、そこにイレギュラーの時間をもう10分プラスしてみます。そうすれば、子どもがぐずったりトラブルが起きても「大丈夫。それはもう織り込み済み!」って、余裕でいられませんか?「きっとイヤイヤを言ったり(できないって言ったり)するんだろうな、その時はちょっと手伝ってやろうか」という予想を立てて、ご自分の予定の中に組み込んでおいたりすると、もしそうなっても「残が当たった/なんてちょっと楽しかったりします。トラブルやイレギュラーが起きなかったとしたら「今日は、思いがけない時間ができた、ラッキー」って思えますよね.こんな風に、イライラのメカニズムを逆手に取ったやり方もできるのです冫「認める」「褒めるしが固題を解決す互3つ目にお話しするのは、お子さんへの具体的な対応の仕方です。

その間に次第に減少することは言うまでもありませんわがままな子どもには


子育ていかんで
見、友達のように見えてもバカにされるようではいけない。いつでもいざとなったら、力でねじ伏せられるかも知れないと言う、その圧力が子どもにとっては、頼りがいのある父親の証なのだ。緊張感が父親と子供の間にはなければならない。子どもの顔色をうかがって、ご機嫌取りをしているだけの父親になってはいけない。そうやって無意識の中に、ある種の序列を家族の中に作ることで、子どもが大きくなった時にも秩序が守られる。

きちっと幼児を

これは父親が家庭を支配しろと言っているのではない。普段は、力を行使していなくて、存在感の薄い父親でも良い。それが父親だ。いざという時に、この人がいるから守ってもらえると感じられる存在。言、言っておくが母親が頼れないと言う意味ではない。母親は絶えず子どもを見守り、頼りがいのある存在でなければならない。