社宅でいざという時の説明会

Posted by Wilson Cham | Posted in 【社宅】カテゴリリスト2009-05-242009-05-24 2009-05-24 2009-05-24 2009-05-24

先日、社宅でいざと言う時にあわてないように、防災とボランティアについての説明会があり、参加してきました。近年は自然災害が多く、いつ何が起こるか分かりませんので、そのときにあわてない為に、先日の社宅での説明会はとても勉強になりました。防災についてですが、お水の備蓄は、最低でも3日間のお水が必要のようです。赤ちゃんや小さい子供がいる場合には、もう少し多目の備蓄が良いです。避難する時は、ブレーカーを落とします。
また、家族がたくさんいる人は、避難する先を確認しておくことが必要で、家族が集合する場所の避難場所は絶対に忘れてはいけないことです。また、避難する時は、近所の人にも声をかけて、お互いを助け合う気持を持ったほうが良いということです。寝室やリビングなどは優先して、耐震補強をすることが大切で、自治体によっては耐震の補助費が出るところもあるので、問い合わせをしてみるのも、一つの方法です。ドアをふさがないように、きちんと整理しておくと良いです。
また、社宅での説明会で、ボランティアについての話もあり、とても参考になりました。ボランティアをする際は、自分の判断で行動を起こさず、対策本部などで状況を把握してから、行動に移すことです。また、現地に行かなくても、物資の支援などで、ボランティアに参加することが可能です。社宅に住んでいる人には、小さい子供がいる人が多いので、出来ることから始めればいいと皆、言っていました。とても勉強になる社宅での1日でした。

Post your comment